伊予柑の季節の秘密兵器

画像

 昔から大好きな伊予柑は、この季節は買い物のたびに必ずかごに入れてしまう特別な果物。何が好きって、実は食べるよりも皮を剥くのが大好きなのです。

 もともと柑橘類が好きで、温州ミカンも、ハッサク・甘夏・清見オレンジ・ポンカン・デコポンなどなど他の晩柑類も好きだけど、やっぱり伊予柑への愛は別モノです。外皮を剥く時のほとばしる香気。薄皮の剥がれやすさ。そして自然の神秘すら感じる美しい果実のフォルム。
 剥くのが純粋に好きなので、僕の場合いっぺんに3個は同時に向いて、タッパに入れておいて少しずつ食べます。この作業の際におもむろに取り出すのがこの道具です。
画像

 「愛媛県青果連」のシールが貼ってある、まさに伊予柑の伊予柑による伊予柑のための道具。実家を出るときに引っ越し荷物の中に入れたのだったか、一人暮らしの時にスーパーでもらったのだったか、今となってはいつからあるのかわからず。台所道具への偏愛は母譲り。で、他にもこういうニッチな道具はたくさん持っていますが(スパムカッター、ガーリックピーラー、栗むき器の栗くり坊主、カマボコ専用タッパとか・・・)こんなに簡単な構造なのに、こんなに重宝する道具は他にはありません。
画像

 古新聞を敷いた上で、まずは黄色いくちばしを出して、底の部分の外皮に十字の切れ目を入れます。
画像

 部屋中が甘酸っぱい春の香りで包まれます。一瞬で、きらきら光る早春の瀬戸内海を望む、段々になった蜜柑畑に足を踏み入れたかのよう!(行ったことありませんが)
 あとは簡単に中の果実を取りだす、と小房に分けていきます。
画像

 そこで一つずつ小房をつまみあげ、道具の反対側のカッターを用いて、尾根につつーっと切り込みを入れ。
画像

 そうすると綺麗に両側に剥けます。 
画像

画像

画像

画像

 はい!できました!!みずみずしく、しかも完型を保って。

 そしてタッパに入れておくと、まるで伊予柑の宝石箱や~!(陳腐)
画像

 食べる専門の妻へ、はい、どうぞ!

 そして今日も。パルシステムで頼んでおいた、「エコ・無茶々園の糖度保証伊予柑」が箱で届きました!
画像

画像

 外皮に傷があったり、黒くなっていたり、大きさもバラバラ。見かけは悪いですが・・・。
画像

 薄皮の剥けもよく、見るからにつやつやと水気が多く、果汁はよく細胞ごとに保たれてぽってりと、ずっしりとした触り心地の果実。
 一つ摘むと、こ、これは!今シーズン最高の味です。単なる甘さとも酸味とも違う、旨味があるんですよね~!
画像

 伊予柑の季節はそろそろ終わりかも・・・。でも、ここで箱買いしたので、今年はまだまだ楽しめそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

【秘密兵器】だったんですね
2013年01月17日 08:25
何十年も前から我が家にあるのですが、カッター部分ノ使い方が判らず黄色いクチバシ部分しか使っていませんでした。今朝久し振りに伊予柑を食べた後【愛媛県青果連】のシールを見つけてこのプログに辿り着きました。伊予柑を買ってきて、早速やってみます。
おかぴ
2013年03月31日 07:24
うちにもあります。伊予かん皮むき器!!!すごく便利!!もうかれこれ17、8年使っています。17、8年もつってところもすごい道具だと思います。

この記事へのトラックバック