テーマ:五島・長崎の旅

祈りの島の教会群

 五島列島の浦々をめぐり、昔ながらの村落景観と生業、生活文化に触れるなかで、唯一見慣れないものが。多くは人々を見守るように高台に立つ教会たちです。  またまた更新の間が空いてしまいました。反省反省。もう10月、このブログも昨日で一周年でした。  さて、五島列島について、日常生活のなかで鮮烈な記憶が薄れつつありますが、写真を中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新上五島町・有川「旅館・焼肉 有洪園」その2

 極上の焼肉とビールでお腹一杯。ふぅー眠くなってきた・・・、と旅館へと通じる扉を開け、階段を上ってすぐの部屋にひいてある布団にバタンぐぅー、って「焼肉屋に住む」という男子永遠の夢が一夜かなう宿です。  さて、いよいよ夕食。こちらのお肉は五島列島産の地のもの。五島牛というブランドで、近年知られるようになったそうですが、実は五島列…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新上五島町・有川「旅館・焼肉 有洪園」その1

 今回の巡検のコーディネーターのK君が予約した中通島2泊の宿は、なんと1階が焼肉屋という魅惑の旅館でした!  ちょっと待て(笑)今回のフィールドは全国屈指の豊穣な漁場を眼前に擁する五島列島では?!それがなぜ焼肉屋の2階に泊まるの?宿舎に到着する、その瞬間までじつはそう思っていました。すみません。  何しろ前泊は夜行フェリー。中通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中世墓石群と五島うどん

 いよいよ五島列島に上陸します。墓石とうどん、さて、一見まったく関係のなさそうなこの二つの共通点。それは・・・。  博多埠頭ターミナルに滑り込んで、野母商船のフェリー「太古」に乗船したのが出航30分前の午後11時頃。  じゅうたん敷きの「スタンダードルーム」という名の雑魚寝部屋に安眠の場をなんとか3人分確保した頃、予定通…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福岡・長浜「元祖長浜屋ラーメン」

 何ごとも、まずは「元祖」の味を確かめてからでないと・・・。僕の大好きな長浜ラーメンの元祖といわれている有名店に初めて行ってみました。  新鮮な魚を十分堪能して店を出ました。博多の魚は東京の魚に比べて、なぜこんなに安くて美味しいのか。これまではあたりまえのように思ってきましたが、あらためて考えてみると、冷蔵・運送技術が発達した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福岡・大名「魚末」

 東京から長崎・五島へ入るルートはいくつかありますが、今回われわれが選んだのはそのうち最も安くて最も楽しいコース。博多港発の夜行フェリーで向かいます。船に乗り込む前のお楽しみはもちろん・・・。  5時まで仕事で学校にいて、その足で羽田へ。空港の出発ロビーで今回の旅行の発起人K君と会う。約2時間後、1日前のりしていたT君と博多駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more