テーマ:旅(国内)

京都・錦小路「だいやす」

 昨晩、ラグビー部の関西遠征から帰京しました。定期戦の結果は一勝一敗に終わりましたが、最後の夜に3年生は引退し、宿舎では生徒役員の交代式が行われるなど、いろいろ有意義な3日間でしたよ。  冬の京都はただでさえ寒いのに、よりによってこの冬一番の寒波。初雪も降りました。とにかくめちゃくちゃ寒~い。ひたすら立って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小春「軒」日和

 人形町「小春軒」のかきバタは、僕にとって、Rの付く月々の大事なお楽しみの一つ。今年は牡蠣の出荷が例年より遅れたとのニュースも聞きましたが、味の方は最高でした。うひひ。  日本橋人形町は「キラク」「来福亭」「GRILL TUKASA」「芳味亭」・・・などなど、美味しい老舗の洋食店が多いことで有名です。創業明治45年(1912年=大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自由民権ハイク

 秋晴れの休日。武蔵五日市駅を起点にして、日帰りハイキングに出かけました。目的は2つ。極上の蕎麦屋と五日市憲法の史跡めぐりです。あ、順番が逆か(笑)  鉄道では初めて訪れたあきる野市の武蔵五日市駅。拝島から五日市線に乗り換えての終点です。  高架が途切れているところが、これぞ終着駅!という感じです。  蕎麦屋の昼過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祈りの島の教会群

 五島列島の浦々をめぐり、昔ながらの村落景観と生業、生活文化に触れるなかで、唯一見慣れないものが。多くは人々を見守るように高台に立つ教会たちです。  またまた更新の間が空いてしまいました。反省反省。もう10月、このブログも昨日で一周年でした。  さて、五島列島について、日常生活のなかで鮮烈な記憶が薄れつつありますが、写真を中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新上五島町・有川「旅館・焼肉 有洪園」その2

 極上の焼肉とビールでお腹一杯。ふぅー眠くなってきた・・・、と旅館へと通じる扉を開け、階段を上ってすぐの部屋にひいてある布団にバタンぐぅー、って「焼肉屋に住む」という男子永遠の夢が一夜かなう宿です。  さて、いよいよ夕食。こちらのお肉は五島列島産の地のもの。五島牛というブランドで、近年知られるようになったそうですが、実は五島列…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新上五島町・有川「旅館・焼肉 有洪園」その1

 今回の巡検のコーディネーターのK君が予約した中通島2泊の宿は、なんと1階が焼肉屋という魅惑の旅館でした!  ちょっと待て(笑)今回のフィールドは全国屈指の豊穣な漁場を眼前に擁する五島列島では?!それがなぜ焼肉屋の2階に泊まるの?宿舎に到着する、その瞬間までじつはそう思っていました。すみません。  何しろ前泊は夜行フェリー。中通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中世墓石群と五島うどん

 いよいよ五島列島に上陸します。墓石とうどん、さて、一見まったく関係のなさそうなこの二つの共通点。それは・・・。  博多埠頭ターミナルに滑り込んで、野母商船のフェリー「太古」に乗船したのが出航30分前の午後11時頃。  じゅうたん敷きの「スタンダードルーム」という名の雑魚寝部屋に安眠の場をなんとか3人分確保した頃、予定通…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福岡・長浜「元祖長浜屋ラーメン」

 何ごとも、まずは「元祖」の味を確かめてからでないと・・・。僕の大好きな長浜ラーメンの元祖といわれている有名店に初めて行ってみました。  新鮮な魚を十分堪能して店を出ました。博多の魚は東京の魚に比べて、なぜこんなに安くて美味しいのか。これまではあたりまえのように思ってきましたが、あらためて考えてみると、冷蔵・運送技術が発達した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

福岡・大名「魚末」

 東京から長崎・五島へ入るルートはいくつかありますが、今回われわれが選んだのはそのうち最も安くて最も楽しいコース。博多港発の夜行フェリーで向かいます。船に乗り込む前のお楽しみはもちろん・・・。  5時まで仕事で学校にいて、その足で羽田へ。空港の出発ロビーで今回の旅行の発起人K君と会う。約2時間後、1日前のりしていたT君と博多駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新装開店

 夏休みも明日で終わり。まもなく1周年を記念してブログ名からデザイン、プロフィールまでリニューアルしました。  あれ変だなと思った方もいると思いますが、ウチの学校はなぜか毎年9月8日が始業式と決まっていて。最初はたぶん大事な理由があったはずですが、周囲に聞いても誰も知りません。現在では、教員にとっては格好の旅行期間、生徒諸君に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「三足の靴」

 先週末の吉祥寺、帰りがけに立ち寄った本屋で、平積みになったたくさんの文庫本の中、なぜか光ってみえた2冊をまとめて購入しました。  「五足の靴が五個の人間を運んで東京を出た。五個の人間は皆ふわふわとして落ち着かぬ仲間だ」このような書き出しから始まる紀行『五足の靴』のことを初めて知ったのは、いつのことだったか。  はっきりと覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つまみ食いの帰り道

 定番の箱根をドライブしながら帰りました。つまみ食いしながら・・・。おいしいもの再発見です。  ランニングから帰って軽くシャワーを浴びてから、ブランチのためにダイニングへ。ここでは、洋食のブッフェか和定食のどちらかを選びます。正しい答えは・・・、僕は和定食、妻は洋食ブッフェ。ダイニングが一箇所しかないので、こんな不思議なことも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根6区ラン

 なんと、早朝、ランニングに出ました。箱根といえば駅伝。それでもずっと観るばかりだった僕としては初めての体験でした。  前夜は飲み過ぎて早めに就寝。その翌朝、いい天気で明るくて6時には目が覚めました。さっそく着替えて準備完了。まだ眠そうな妻に、朝食までには帰ると言い残して出発しました。  ロビーでホテルマンにお薦めのジョ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

読書のための最良の空間

 そして夕暮れ時となり、ラウンジに集まりはじめる人々。すると、暖炉に火がともり・・・。  このホテル、HYATT REGENCY HAKONE RESORT AND SPAは全79室と規模も大きすぎず、別荘に滞在している風の(滞在したことないけど)ホスピタリティが特長です。その象徴的な場所が、ラウンジ「リビングルーム」(The…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

onsen(温泉)

 まだ明るい怠惰な午後。人気のない温泉に一人浸かる瞬間。放蕩への軽い罪悪感と満ち溢れる幸福感のない交ぜになった何ともいえないこの感覚・・・。  大浴場に行くため、早速着替えました。この浴衣と丹前、僕が着るといわゆる温泉旅館風になっちゃいますが、特に丹前はボレロのようなかたちの前が短い独特のカットで、なかなか洒落ています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湿性花園前の洋食店

 まるで童話のなかの一軒家。花々に囲まれた洋食屋さんで遅いお昼ごはんです。  1時半過ぎ、ようやく箱根仙石原に到着。さて、この日の昼食をどこでとるか?実はこの重大な問題に、当日昼になるまで答えが出せずにいました(大げさ)。結婚する前の年だから1998年の4月に2人で訪れて以来、妻とはちょうど10年ぶりの箱根。あの頃の僕らはまだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出発の朝のドライブ・スルー

 昨日から今日にかけて、1泊2日の箱根旅行に行ってきました。これからしばらくその2日間の記録を連載します。  朝7時30分ごろに家を出て、まずは近所のマクドナルドでドライブ・スルー。僕はマックグリドル・ソーセージ&エッグ・チーズセット。妻はマフィンのセット。ハッシュドポテトとオレンジジュースが付いています。4月3日まで有効のク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more